子供とネット

昨日子供がユーチューブでドラえもんの映画を見ていました。子供には専用のタブレットを渡してあるので、好きに使わせているのですが、それが最近ちょっとダメかなと思うようになってきました。幼稚園から帰ってきてもテレビを見たあとにユーチューブでネットサーフィンをするようになってきたのです。なんでも自分で検索してものを覚えてくれるようになって欲しかったので夫と相談してタブレットを持たせたのですが、それにはネットの閲覧制限はつけていないので、どうしても教育的に見せたくないものまで見てしまうこともあります。そういう時はそばにいる人が注意していこうという話にんっていたのですが、目の届かないところもあったので、そういう時に教育上見て欲しくないもの、わたし的にはクレヨンしんちゃんは子供には見て欲しくないのです。それから、若手の芸人が大人向けにやっている芸なども嫌です。子供はすぐに真似をして幼稚園で他の子に教えてそれがウケるとずっとやってしまうので本当に困ってしまいます。最近はそれは見て欲しくないものだからといってなんとか見せないようにはしています。代わりにふなっしーなど影響が少ないものを見せてごまかしていますが、悪い影響を与える恐れのあるのをどうやって見せないようにするかこれから考えていこうと思います。

冬のエンジンはくせ者です

久しぶりにバイクのエンジンをかけたので、油断してしまいました。古いバイクなので、エンジンが冷えているときには、かけるコツがいるのですが、失敗してプラグがかぶってしまいました。こうなってしまうとエンジンがかかるのに時間がかかってしまいます。
プラグはネジの一種ともいえます。だから、プラグとエンジン側の面はちゃんと綺麗に拭いて、ネジの部分は超耐熱潤滑剤を少量塗ってから締め付けます。ネジはグリスなどで潤滑しておくと、正確な締め付けトルクを得ることができます。潤滑するとネジが緩みやすくなりそうですが、逆に締め付けられるのです。プラグを取り外す前には、必ずプラグ周辺のゴミをエアで吹き飛ばしておきます。エンジン燃焼質にゴミを落とすのは良くありません。プラグレンチで少し緩めたら、プラグレンチを外して、ゴムホースを差しこんで、手で回して外します。手で外した方がネジの感覚がわかりやすいのです。取り付ける時も最初は手でやります。手で回らなくなってからプラグレンチを使います。最初からプラグレンチを使うと、もし斜めに入っているのに無理に回してしまってもわからないことがあるからです。この部分のネジの溝を破損するとものすごく痛い出費になります。

同じカレーのはずが

カレーは好きだから、よく作ります。月に2、3回作っていると思います。独身なので、作ると二日連続カレーですが、それでもよく作ります。最近は、スパゲッティと合わせるようにしています。米より安いのとパスタを茹でると、室内の湿度が高くなるためです。何かと貧乏であり、少しでも節約する方法を考えなければなりません。今日は、実家から送ってきた野菜類を使ったカレーを作りました。取れたての人参とブランド品である淡路島のたまねぎです。メークインは、スーパーで自分で購入しました。取れたての人参は、青々しく、切っていた時の感じも普段と違いました。新鮮というか野菜っぽいというかそんな感じでした。一方、たまねぎは、スライスしている感じが、サクサクと柔らかく切れました。繊維質の違いを感じました。実際、炒めた後に煮込みましたが、その状態でも違う感じを受けました。さすが、ブランド品という感じです。ルーは、辛口を使い、野菜のとろみを使って上手くまろやかにするのですが、今回は、スパイスが勝っているような感じでした。水の量や野菜の量等により、微妙に味が変わってくるのもカレーの面白いところです。ちょっと辛めに仕上がったため、チーズを溶かすと合うのかなとも思います。