メールを書くときの悪い癖

メールを書くときの悪いがありまして、それは“前置きが長い”ということです。
用件と関係ないことから書き始めてしまいます。例えば友達と会う約束をするとき、「何時にどこで待ち合わせをするか」ということを確認する前に、このあいだ見たテレビの話題をまず書いてしまったり、その前置きがやたら長いという・・、これを読むほうとしてはあまりおもしろくないかもしれません。
メールのマナーとしてはもちろんよくなくて、たとえ友達とのちょっとしたやりとりであっても、もう少しちゃんとした書き方をしたいと思い、このごろは前置きを長く書かないように気をつけているのですが・・、というか前置きをやめたらいいのにという感じですが。
最近、使うメールサービスを変えたので、そこの機能がまだわかってなく、まだまだメールに不慣れです。他の人たちはとっくに使いこなしているところだと思いますが・・。とても便利な機能なので、これからももっとメールの機能を覚えて、自分にも人にもメールで時間をロスさせないようにしたいです。もちろん前置きは極力はぶきます。古着の処分なら寄付がおすすめ

子供の頃ピアノをずっと習っていた

子どもの頃、ピアノを習っていた。
なぜ習い始めたのかは覚えていないけど、たぶん私の気まぐれで習わせてもらったのだろう。気まぐれにしては高い月謝を払わされ、ピアノも買わされ、親には迷惑をかけてしまったと思っている。でも習わせてもらったことに今でも感謝している。
「お金がかかるからダメよ!」の一言で済ませてしまう選択肢もあったはずなのに。
ピアノを習うことによって、自分に全く自信がなかった私は、少し自分に自信を持てるようになった。小学校のときは、「6年生を送る会」のようなイベントで、ピアノ担当になった。中学校のときは合唱コンクールでピアノ担当になった。音楽の先生に指名されて、全校集会の校歌斉唱のときなどに伴奏をした。ピアノを弾けるというだけで、周囲の目が変わり、「すごいね!」と言われるようになった。周りが褒めてくれるから、ピアノの練習をたくさんした。
大人になった今、ほとんどピアノを弾くことはなくなった。思えば、思春期に精神の安定を保てたのはピアノだったと思う。
もう一度弾いてみようかな。すっかり重くなってしまった鍵盤を押してみる。
まずは調律から始めなくては。ゼニジマくん.net