メールを書くときの悪い癖

メールを書くときの悪いがありまして、それは“前置きが長い”ということです。
用件と関係ないことから書き始めてしまいます。例えば友達と会う約束をするとき、「何時にどこで待ち合わせをするか」ということを確認する前に、このあいだ見たテレビの話題をまず書いてしまったり、その前置きがやたら長いという・・、これを読むほうとしてはあまりおもしろくないかもしれません。
メールのマナーとしてはもちろんよくなくて、たとえ友達とのちょっとしたやりとりであっても、もう少しちゃんとした書き方をしたいと思い、このごろは前置きを長く書かないように気をつけているのですが・・、というか前置きをやめたらいいのにという感じですが。
最近、使うメールサービスを変えたので、そこの機能がまだわかってなく、まだまだメールに不慣れです。他の人たちはとっくに使いこなしているところだと思いますが・・。とても便利な機能なので、これからももっとメールの機能を覚えて、自分にも人にもメールで時間をロスさせないようにしたいです。もちろん前置きは極力はぶきます。古着の処分なら寄付がおすすめ